トピックス



会社を後継者に引き継ぐ場合、出来るだけ不安や悩みがない形で次の世代へ引き継ぎ、安定して経営ができるように進めたいものです。

 

しかし、現経営者が生前贈与や遺言によって、ある特定の後継者に自社株式を集中して事業を承継しようとしても、うまくいかない場合があります。それは、相続人には原則として「遺留分」があるからです。

 

遺留分とは、残された家族が受け取ることのできる最低限の財産をいいます。相続人が複数名いる場合には、この遺留分について注意が必要になります。
(さらに…)



弊社では下記の通り休業とさせていただきます。

2017年8月11日(土)~15日(水)


皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。


身近な家族であっても、限られた文章で気持ちや意図を伝えることは難しいものです。ましてや、みんなが納得できるような遺言書というのは、なかなか作れないものです。また、相続人によっては、書かれている文章の解釈が分かれてしまうこともあります。

 

亡くなられた方の意思により作成された遺言書であっても、「自分の相続分があまりにも少ない」、「自分の全く知らない人に遺贈する旨が書かれていた」、「遺言書の内容どおりに分割されるか心配である」などの理由から、物申したい場合があると思います。

 

遺言書に納得がいかないと思っても、もう一度落ち着いて読みかえしてみましょう。何か見落としがあるかも知れません。それでも納得できない場合、その納得できない内容によって対処も異なってきます。

 

以下に、ケースごとの対処法を記します。
(さらに…)


遺言がない場合、相続人の間で合意により財産を分割することになります。民法では、同じ相続順位に相続人が複数いる場合には、目安となる相続の割合を各相続人に決めています。これを「法定相続分」といいます。

 

相続分は、相続する割合であり「プラスの財産」だけではなく、「マイナスの財産」も含まれます。

 

法定相続分は目安となる割合に過ぎないので、具体的に誰がどの財産を相続するかは、相続人全員で遺産分割の協議をして決める必要があります。協議がまとまるまでは、預貯金も動かせませんし、財産の処分もできません。また、相続税の申告も完了できません。遺言がある場合に比べると、相続手続きに日数がかかります。

 

 法定相続分とは、次の割合をいいます。
(さらに…)


遺言には普通方式の他に、緊急事態などの特殊な事態では、「特別方式」という方式で遺言を作成する場合があります。特別方式には「危急時遺言」「隔絶地遺言」の2種類があります。

 

以下に、危急時遺言と隔絶地遺言の特徴について記していきます。
(さらに…)


一般的に使用する遺言には、「普通方式」と呼ばれる民法で定められた形式があります。遺言の残し方や遺言書の保管方法により、普通方式はさらに「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類に分類されます。

 

以下に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のメリットやデメリット、その特徴について記していきます。
(さらに…)


民法により、遺言で認められる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。
(さらに…)


1.贈与税の申告と納税

 

贈与税の納税は贈与税の申告期限までに金銭で一時に、国に納める必要があります。
贈与税の申告は、原則、財産をもらった人が、もらった年の翌年の2月1日から3月15日までにすることになっています。
また、平成24年分の贈与税の申告より、インターネットからe-Taxを利用して提出(送信)ができるようになりました。詳しくはe-Taxホームページ(www.e-tax.nta.go.jp)にて確認してみて下さい。
なお、申告期限までに申告しなかった場合や実際にもらった額より少ない額で申告した場合には、本来の税金のほかに加算税がかかります。
また、納税が期限に遅れた場合は、その遅れた税額に対して延滞税がかかります。
(さらに…)


暦年課税制度とは、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の金額によって課税される制度を指します。

 

しかし、平成27年税制改正に伴い、贈与をした時期が平成27年1月1日よりも前か後かによって税率や控除額が変わるので注意が必要です。

 

以下に、それぞれの時期ごとに税率と控除額、速算表を掲載し説明をしていきます。
(さらに…)


贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」のふたつがあります。以下に、ふたつの課税制度について説明をしていきます。
(さらに…)



求人バナー_サイド
相続バナー_サイド
ページトップへ