トピックス



遺産分割協議をするにあたり、相続人の中に未成年者がいる場合には注意が必要です。

 

なぜならば、未成年者単独では遺産分割協議に参加できないからです。仮に、未成年者本人が納得し遺産分割協議書に署名・押印したとしても、未成年者単独での分割協議は無効となります。

 

相続財産のなかには、不動産や株など、未成年者では管理が難しいものがあります。そのため、未成年者個人にとって不利にならないように遺産分割協議を進めていく必要があります。

 

具体的には以下のどちらかを選択します。
(さらに…)


誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、予めご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

<年末年始休業期間>
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)


遺産分割協議書とは、遺産分割に相続人全員の同意が得られた時点で、その内容を文書として作成するものです。

 

遺産分割協議書の作成の目的は、相続税の申告書に添付すること以外にもあります。とくに遺産のうちに不動産がある場合、遺産分割協議書は相続登記をする上で必要書類となります。さらに、次の点を考慮しても、遺産分割協議書は作成しておいたほうが良いでしょう。
(さらに…)


相続財産のなかで、当サイトでは他のページで土地・建物や株・投資信託・公社債、骨董品・美術品や保険金の評価方法を説明しています。

 

その他にも、評価をしなければならない相続財産があります。以下に、それらの評価方法を説明していきます。
(さらに…)


相続財産の中には、投資信託や公社債(国債や地方債など)が含まれている場合があります。

 

以下に、投資信託や公社債の評価方法についてそれぞれ説明していきます。
(さらに…)


相続財産のなかには、株式が含まれる場合があります。現在、日本の約250万社の会社のうち、上場している会社は3,400社程度です。ほとんどの会社は上場していない株式であり、市場で日々取引されることがなく、取引相場のない株式です。

 

当然、上場株式を所有している人もいますので、以下に、それぞれ評価方法について説明をしていきます。
(さらに…)


土地の評価は、その土地の地目(土地の利用状況による区分)によって評価方式が分かれます。登記簿の地目や固定資産税の課税地目に関わらず、被相続人の死亡した時に、、実際どのように使われているかで判断します。また、地目ごとに評価方法が異なり、計算方法も難しです。以下に、地目ごとの特徴および計算方法を説明していきます。
(さらに…)


相続や遺贈、贈与は、財産をタダでもらうことと同じです。

 

ただ、相続税や贈与税は、どれだけの価値のものをもらったかを評価し、値段を決めなければ計算ができません。そのため、いくらで評価し、値段をつけることが重要です。

 

100万円の現金は誰が値段をつけても100万円です。しかし、相続や遺贈、贈与によってもらう財産は、こういった値段が特定できるものばかりではありません。
(さらに…)


平成30年9月1日(土)より新たに福山事務所を開設致しました。

新たな拠点として、お客様のお悩みを解決できるようしっかりとサポートさせていただきます。
引き続きご愛顧を賜りますようお願いします。

詳細は下記のページをご覧ください。
https://zei-partners.com/office/fukuyama.html


相続税がかかる財産(課税財産)とは

課税財産
被相続人(財産を残して亡くなった人)から、相続や遺贈によって取得した「すべての財産」が相続税の課税の対象となります。
(さらに…)



求人バナー_サイド
相続バナー_サイド
ページトップへ