トピックス

財産評価の基本

その他評価が必要な相続財産:債権、ゴルフ会員権、棚卸資産など

相続財産のなかで、当サイトでは他のページで土地・建物や株・投資信託・公社債、骨董品・美術品や保険金の評価方法を説明しています。

 

その他にも、評価をしなければならない相続財産があります。以下に、それらの評価方法を説明していきます。
続きを読む


2018年11月15日

相続財産の中で投資信託、公社債の評価はどのようにするのか

相続財産の中には、投資信託や公社債(国債や地方債など)が含まれている場合があります。

 

以下に、投資信託や公社債の評価方法についてそれぞれ説明していきます。
続きを読む


2018年11月01日

相続財産の中で株式の評価はどのようにするのか

相続財産のなかには、株式が含まれる場合があります。現在、日本の約250万社の会社のうち、上場している会社は3,400社程度です。ほとんどの会社は上場していない株式であり、市場で日々取引されることがなく、取引相場のない株式です。

 

当然、上場株式を所有している人もいますので、以下に、それぞれ評価方法について説明をしていきます。
続きを読む


2018年10月15日

土地・建物の評価方法

土地の評価は、その土地の地目(土地の利用状況による区分)によって評価方式が分かれます。登記簿の地目や固定資産税の課税地目に関わらず、被相続人の死亡した時に、、実際どのように使われているかで判断します。また、地目ごとに評価方法が異なり、計算方法も難しです。以下に、地目ごとの特徴および計算方法を説明していきます。
続きを読む


2018年10月01日

財産評価の概要

相続や遺贈、贈与は、財産をタダでもらうことと同じです。

 

ただ、相続税や贈与税は、どれだけの価値のものをもらったかを評価し、値段を決めなければ計算ができません。そのため、いくらで評価し、値段をつけることが重要です。

 

100万円の現金は誰が値段をつけても100万円です。しかし、相続や遺贈、贈与によってもらう財産は、こういった値段が特定できるものばかりではありません。
続きを読む



相続税がかかる財産、かからない財産

被相続人(財産を残して亡くなった人)から、相続や遺贈によって取得した「すべての財産」が相続税の課税の対象となります。

 

すべての財産とは、土地、建物、個人の事業の固定資産・商品・材料・売掛金、同族会社などへの貸付金、特許権、株式、投資信託、ゴルフ会員権、現金、預金、家具、車、骨董品、宝石などお金に変えることができる財産を指します。

 

また、被相続人の所有していた財産ではなくても、「みなし相続財産」と呼ばれる財産があり、相続税の課税の対象となります。
続きを読む



名義預金はよく問題になります。

前回は「死亡保険金がおりたときの相続の注意点」について掲載いたしました。

今回は名義預金についてご説明します。

名義預金とは、自分以外の名義で作った預金口座で、実質的な所有がその名義人と違うことをいいます。
続きを読む



相続で骨董品や美術品があった時の評価は?

今回は、相続財産の中で骨董品や美術品の評価方法についてお伝えします。

相続財産の中に、骨董品・美術品がある場合の評価は、原則として「時価」により評価します。

しかし、そのときの時価は骨董品・美術品ごとに変わるため、価格ははっきりわかりません。

そのため、売買実例価額や精通者意見価格などを参考に評価します。
続きを読む



死亡保険金がおりたときの相続税の注意点

被相続人の死亡によって保険金が支払われたときは、相続税として申告が必要になります。一般的に支払われる死亡保険金には以下のようなものがあります。

・ 生命保険会社、かんぽ、農協などで契約をしている生命保険契約の保険金
 ・ 損害保険会社から、偶発の事故に基因する死亡に伴い支払われる損害保険契約の保険金

それでは、これらの保険金が支払われたときに注意することを以下に説明していきます。
続きを読む



相続財産は誰でも受け取れるのか?

今回のコラムのテーマは「相続人」についてです。

この相続人ですが、いったいどこまでの親族を指すのか、そして相続財産をもらえる優先順位はあるのか、など意外と知られていないことが多いです。

遠い親戚でも財産をもらう権利があるのか?親戚といってもどこまでをいうのか?などなど、実際に相続が発生した場合、相続人のルールがなければ相続人がどんどん増えてしまいますよね。そこで、ここから相続人についてのルールを説明していきます。
続きを読む



求人バナー_サイド
相続バナー_サイド
ページトップへ